データ保護&GDPRコンプライアンスの順守

SnatchBotは、常に情報セキュリティ及び個人情報保護に全力で取り組んできています 。今度のデータ保護規制にも準拠していきます。

伝統的には、教育業界は新技術を採用するのが少し遅れますが、教師や管理者は、一旦チャットボットの価値を認識してから、より多くの学生を集め、授業プロセスを合理化できる低コストで効果の高い簡単な方法だと思ってくれるでしょう。

データ保護&GDPRコンプライアンスの順守

SnatchBotは、常に情報セキュリティ及び個人情報保護に全力で取り組んできています 。今度のデータ保護規制にも準拠していきます。

伝統的には、教育業界は新技術を採用するのが少し遅れますが、教師や管理者は、一旦チャットボットの価値を認識してから、より多くの学生を集め、授業プロセスを合理化できる低コストで効果の高い簡単な方法だと思ってくれるでしょう。

概要

GDPRの制定は、世界中の企業に個人情報取り扱い方の見直しを促しています。規制により、EU居住者の個人情報(EU域外に拠点を置いていても適用される)を収集、保管、処理する企業は、新しい規準の責任と説明責任を負います。GDPRの遵守は必須であり、各企業は、EU居住者の個人データを操作および技術的に扱う上で、完全な透明性及び誠実さを証明する必要があります。データ収集の目的は明確に明記されなければならず、ユーザーの同意が、単刀直入に言うと、必要です。

GDPRの利益

empower

力を与える

個人のデータ保護に関する権利を強化する

secure

安全

テクノロジーに後れを取らず進み、不当な取り扱いから個人データの保護を強化する

unify

統一する

EU内外のデータ保護法の統一

GDPRに準拠するために取らなければならないステップには、いくつかの例として、セキュリティ義務、影響調査の実施、データ保護責任者の任命、意図的なプライバシー確保などがあります。2018年5月施行日までにコンプライアンス要件を満たさない企業は、重い罰金を課される可能性があります。SnatchBotは創業以来、ユーザーのデータ保護を最優先に考えています。このように、私たちはGDPRだけでなく、ユーザーの範囲が届く限りのすべての国際基準を遵守するよう力を尽くしています。

GDPR at SnatchBot Messenger Skype Slack Viber Twilio Wechat API
GDPR at SnatchBot

SnatchBotのGDPR

SnatchBotは設立以来、ユーザーのデータ保護を最優先に考えています。このように、私たちはGDPRだけでなく、ユーザーの範囲が届く限りのすべての国際基準を遵守するよう力を尽くしています。

GDPRの定義

GDPR順守の確保に向けた手順は4つのステップでまとめることができます。

Handing of Personal Data

個人情報の特定

個人情報を収集して保存するシステムが特定され、システムのインベントリが作成されました。

Handing of Personal Data

すべてのデータ処理メカニズムの評価

個人情報の収集、保管及び処理の方法が評価され、機密情報の転送における潜在的なプライバシーへの影響を評価するための研究調査が行われています。

Handing of Personal Data

新しい規約及びプロトコルの導入

影響調査の結果に基づいて、個人情報取り扱い制限に関する新しい手順を実施し、ユーザーに明確なオプトアウトオプションを提供し、情報漏洩に対する検出、防止および報告の規制を提供します。

Handing of Personal Data

コンプライアンスの維持

現在のデータ処理に関する文書をすべて保管しておいてください。個人情報を中央管理し、個人データを基づき実行可能なユーザー要求に応答/維持します。

GDPRの順守

SnatchBotでは、プライバシー及びセキュリティに対し常に取り組み、透明性、一貫性、効率性、革新性という当社の基本的価値のもとで、GDPR対応しています。継続的な規定の改善に従い、独自の良好な商慣行を守っている私たちは、すべてのユーザーに対して、個人データが安全であること、そしてすべての規制義務が完全に満たされていることを保証します。

ニュースレター登録

プライバシーポリシーを読んで内容に同意し、自分の個人情報が処理されることに対し、承諾することを確認しました