音声テキスト化
SnatchBotのAIテクノロジーを利用して、音声をテキストに正確に変換します。
SnatchBot AIを搭載した魅力的な音声およびテキストベースの会話型インターフェースを構築することにより、ユーザーにあなたの製品と対話する新しい方法を提供することにより、自然で豊かな会話体験を築き上げます。ウェブサイト、モバイルアプリ、Facebook Messenger、WhatsApp、その他の人気のあるプラットフォームやデバイスでユーザーとつながることができます。
SnatchBotの機械学習を搭載
SnatchBotには、音声テキスト化、テキスト読み上げ、自動音声認識など、同社独自の機械学習の専門知識が組み込まれています。最先端の深層学習型ニューラルネットワークアルゴリズムを音声に適用し、比類のない精度で音声認識を行います。SnatchBotが内部音声認識技術を改善するにつれて、精度は時間とともに向上します。
音声テキスト化技術を使用すると、次のことができます。
正確なキャプションでコンテンツを文字起こしする
音声コマンドを使用し、製品のユーザーエクスペリエンスを向上させます
顧客とのやり取りから洞察を得て、サービスを向上させる
SnatchBotの音声テキスト化技術を実際にテストする
マイクを使用してオーディオを録音します。最良の結果を得るには、マイク入力にブロードキャストモジュールを使用します。
事前録音されたオーディオをアップロードします(.mp3、.mpeg、.wav、.flac、.opusのみ)。
サンプルのオーディオファイルの1つを再生します。
今すぐスピーチをテキストに変換
{{lang.code}} {{lang.name}}
{{duration}}
{{percentage}}%
SnatchBot STTテクノロジーは120以上の言語を認識します
音声テキスト化は、120を超える言語と方言を認識して、グローバルユーザーベースをサポートすることができます。一部の言語は、通話や拡張ビデオなど、付加的なオーディオタイプに最適化されています。
話し言葉を自動的に識別
SnatchBotの社内音声テキスト化技術を使用すると、発話の中でどの言語が話されているかを識別できます(最大4カ国語)。これは音声検索(例えば、「これから2日間のニューヨークの天気予報は?」)、およびコマンドのユースケース(例えば、「5分後に私の車のエアコンを起動して」)に使用できます。
ショート形式またはロング形式のオーディオ用のテキストの文字起こしをリアルタイムで返します
Speech-to-Textはテキストの結果をストリーミングし、ストリーミングオーディオから認識されたとき、またはユーザーが話している時に、テキストをすぐに返します。またSpeech-to-Textは、ファイルに保存された音声から認識されたテキストを返すこともできます。短い形式と長い形式の音声を分析することができます。
固有名詞とコンテキスト固有のフォーマットを、自動的に書き起こします
Speech-to-Textは、実際の会話の中で適切に機能し、固有名詞(名前、場所など)を適切に書き起こし、また適切な形式の言語(日付、電話番号など)に変換するよう作られています。
Features
自動のスピーチ認識
深層学習型ニューラルネットワーキングを搭載した自動音声認識(ASR)は、音声検索や音声文字起こしなどのアプリケーションを強化します。
リアルタイムストリーミングまたは事前録音されたオーディオのサポート
オーディオ入力は、アプリケーションのマイクからストリーミング配信したり、事前録音されたオーディオファイルから送信したりできます。
ノイズ耐性
追加のノイズキャンセルを必要とせずに、多くの環境からノイズの多いオーディオを処理します。
マルチチャネル認識
SnatchBotプラットフォームは、そのオムニチャネルアプローチにより、いくつか例を挙げるとWhatsAppからTelegramやFacebook Messengerまで、15を超えるメッセージングアプリケーションで音声テキスト化技術を提供します。