ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA)

RPA とは、時間がかかり、複雑で規則に基づく手動のワークフローをボットを使用して自動化するツールや方法を指します。RPA ボットはユーザーインターフェイスを利用してデータを取得し、人間のようにアプリケーションを操作します。SnatchBot では現在、自動化ツールを提供しています。

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA)

SnatchBot で非構造化データを構造化データに変換

SnatchBotは、バックエンド関連のビジネスプロセスに使用できるRPAボットを提供し、サイクルタイムを短縮することで、人間やその他の自動化ソリューションよりもさらに効率的にデータベース、エンタープライズシステム、ウェブサイトでさまざまなタスクやトランザクションを実行できます。これらは多くの場合、アプリケーションとやり取りする人たちの代わりになるか、それらとやり取りする責任に代わるために使用されます。

SnatchBot で非構造化データを構造化データに変換
SnatchBot で非構造化データを構造化データに変換 20% 表示 80% 非表示
構築化
  • スプレッドシート
  • データベース
  • CSV ファイル
半構造化
  • インボイス
  • 連絡先
  • 発注書
  • 抵当アプリ
非構造化
  • メール
  • 画像
  • インスタントメッセージングの音声
  • 動画

ハイブリッドでインテリジェントな RPA/チャットボットビジョン

SnatchBot はまた、従来はバックエンドの IT 管理業務に使用されていたロボットも提供できます。これらのロボットは、サイクルタイムの低減により、データベース、エンタープライズシステム、ウェブサイトでさまざまなタスクやトランザクションを人間や他の自動化ソリューションよりも効率的に実行できます。

これらの内容は、これらのアプリケーションを操作するユーザーの置き換えや、操作の任務の置き換えにしばしば利用されます。

ハイブリッドでインテリジェントな RPA/チャットボットビジョン ハイブリッドでインテリジェントな RPA/チャットボットビジョン
  • 技術者
  • 顧客
  • 従業員
オムニチャネル
  • Skype
  • Slack
  • Telegram
  • Line
  • Twilio
  • Viber
IoT
  • Cortana
  • Siri
  • Alexa
  • Google Home
問題解決のためのアクション
NLP
チャットボット チャットボット チャットボット 認知/ML
自動解決
API レイヤー
(バックオフィス・オートメーション)
RPA
(バックオフィス自動化)
レガシーアプリケーション
マイクロサービス

NLPエンジンは、コンテキスト、意図、感情の識別を提供し、顧客、技術者、従業員との有意義な会話を進めます

企業で RPA が利用されている理由

企業で RPA が利用されている理由
  • 新しい情報の追加方法を自動化し、待ち時間をなくし、複数のチャネルへのアクセスを可能にすることでユーザーエクスペリエンスを改善し、ミスを減らすため。
  • 面倒なデータ入力作業からスタッフを解放し、より複雑なタスクに集中できるようになります。
  • 最新の NLP ツールが比較的古いデータを「読み込める」よう、このデータを再構築して今度のシステムで利用できる状態にしてください。
  • サイロ間を横断するために:RPAメカニズムが高レベルでの自動化を可能にし、データソースの低レベルでの分離を防ぎます。
  • API のバイパスで API 構築の必要を排除、または既存のシステムを改変するため。

SnatchBotプラットフォーム上に構築されたRPAボットは次のことができます。

  • フォームに入力
  • コピーアンドペースト
  • データベースの読み取りと書き込み
  • ファイルとフォルダを移動
  • ウェブ/エンタープライズアプリケーションにログイン
  • メールと添付内容を開く
  • if/then 決定/規則を準用
  • ソーシャルメディア統計を収集
  • 文書から構造化データを抽出
  • 計算を行う
  • システム API に接続
  • ウェブからデータをスクレイピング

RPA テクノロジー

  • スクリーンスクレイピング
    データ移行と統合のシナリオの重要な要素となるのが画面のスクレイピングです。最新のアプリと API を提供しないレガシーアプリとの通信を可能にし、自動化のデータ入力の側面を補完する役割を果たします。画面のスクレイピングは事業のさまざまな局面で役立ちます。
  • デスクトップ・オートメーション
    アプリケーションからわずか数件のフィールドをコピーして別のアプリケーションに貼り付け、Excel スプレッドシートからセールスデータをインポートしてオンラインフォームに入力するだけであっても、時間がかかり、面倒で、ミスの起きやすいものです。こうしたプロセスを自動化すべきタイミングはまさに今です。
  • ウェブ自動化
    ウェブフォームへのデータ入力を自動化。ウェブ自動化の恩恵を受ける一般的なタスクには、主にフォーム入力、画面のスクレイピング、データの抽出やアプリケーション間での転送、ウェブサイトのテストや定期的なレポート生成などがあります。
  • Excel 自動化
    Excel でのタスクの自動化には通常、VBA の詳しい知識が必要となるため、Excel を使った業務の遂行には課題の多いものです。今日の職場環境は、アプリケーション間で絶えずデータが転送される、複数のアプリケーションの使用を前提としています。そのため、プラットフォームへのデータの移行や統合には、ファイルのインポートやエクスポートが可能なアプリケーションが対象であっても、困難が伴います。

一般的な自動化例

チャットボット同様、以下のメリットをもたらす RPA はデジタル変革を推進する強力なツールとなりえます :

  • データの読み取りと書き込み
  • データ抽出と移行
  • データの並べ替えと重複した行の削除
  • 列を比較中
  • 他のアプリケーションやデータベースと統合
  • ワークブックの取得と作成中
  • 分析レポートの実行中
  • Excel スプレッドシートからのデータをフォームに入力
一般的な自動化例

RPA ロボットで負担を軽減できるタスクの例

  • データを1つのシステムから別のシステムへ転送
  • 紛争解決
  • 注文の最新状況
  • 顧客の注文を処理中
  • コンプライアンス報告
  • クレジットカードアプリケーション
  • 顧客からのメールによる問い合わせの処理
  • 患者登録
  • データクレンジング
  • 顧客からのクレーム処理
  • 給与および請求処理
  • ウェブサイト・スクレイピング

RPAのメリット

RPAのメリット

チャットボット同様、以下のメリットをもたらす RPA はデジタル変革を推進する強力なツールとなりえます :

  • 労務費用と運用費用を削減
  • 処理速度の向上
  • 顧客満足度の向上:サービス時間の延長
  • 人的ミスを削減 : 迅速で非侵襲的な統合と展開
  • 運用状況を包括的に可視化
  • セキュリティとコンプライアンスを強化

RPA の活用を今すぐ始めますか?

お問い合わせください
お問い合わせ先