医療の デジタル診断

現代の消費者は、情報への迅速かつ容易なアクセスを望んでいます;セルフサービスオプションを望んでいます;対話が魅力的で個人向けであることを望んでいます。医療業界も例外ではありません;患者は、他の消費者部門と同様、医療プロバイダーに同様の期待を持っています。しかし、継続的なコスト上昇、異なる記録システム、および患者の関与の欠如は、現在、業界を悩ませています。

解決策は簡単です:デジタル化、マルチチャンネル統合及びボットです。

医療の デジタル診断

現代の消費者は、情報への迅速かつ容易なアクセスを望んでいます;セルフサービスオプションを望んでいます;対話が魅力的で個人向けであることを望んでいます。医療業界も例外ではありません;患者は、他の消費者部門と同様、医療プロバイダーに同様の期待を持っています。しかし、継続的なコスト上昇、異なる記録システム、および患者の関与の欠如は、現在、業界を悩ませています。

解決策は簡単です:デジタル化、マルチチャンネル統合及びボットです。

会話型医療

伝統的に、GUI(graphical user interfaces、グラフィカルユーザインターフェース)は、メニュー及びスクリーンをナビゲートし、人間の言語より「コンピュータ言語」を話す必要がありました。

一方、ボットはユーザーのニーズを満たすために、テキストまたは音声入力に基づいた双方向の対話を提供し、会話からコンテキストを引き出します。ボットは、さまざまなデータサイロやシステムにアクセスし、必要な情報を提供しています。また医療関連の基準や規制に完全に準拠して安全にそれを実行することができます。またこのようなパーソナライズされたフルアクセスのアプローチは、「対話型医療」と呼ばれています。

患者の 関与

非医療産業は、医療プロバイダーの基準を設定しています。 したがって、患者の関与は、コスト問題及び患者/プロバイダーの関係を改善することによって不可欠になっています。

今日の消費者及び患者は、場所、デバイス、時間を問わず、選択したチャネルでプロバイダーと交渉できることを望んでいます。マルチチャネル統合は、最新のデジタル戦略に極めて重要です。しかし、相互運用性を合理化しなければ、チャネルとデバイス間のシームレスな体験は不可能です。

download brochure download brochure パンフレット

デジタル処方

適切なデジタル戦略及びマルチチャネル統合ボットの導入によって、医療プロバイダーはセルフサービスオプションを提供し、介護者だけでなく患者にも、情報提供、問題解決及び健康記録のアクセスにおける改善された経験を与えることができます。簡単な対話を通してリアルタイムで健康記録にアクセスできるようになります。

ボットは、デバイスまたは場所を問わず、複数のチャネルに渡ってデータにアクセスして患者の要求に対応することができます。さらに、ボットは、医療関係者にニーズに合ったデータリポジトリを提供することができます。患者が情報をより多く把握でき、プロバイダーと積極的な関係を築くことは、民衆の健康状態の改善、健康意識、合理化されたサービスにつながります。

clouds Man
shadow
quote

医療ボットを採用するメリット

以下は、ボットが持つ、特に健康管理部門に関連の能力や機能の一部です:

  • よくある質問への回答を迅速かつ効率的に提供する
  • 約束及び協議のスケジュールを決める
  • 再入院を減らすために患者の治療を追跡する
  • 再処方および治療ガイドラインの警告及び通知を送信する
  • 入院、退院及び転院の合理化
  • 患者の容体変化及び緊急事態を医療チームに警告メッセージを送る
  • 照会の依頼及び回答
  • 患者の病歴で記録システムを更新する
  • 患者に支援が必要な場合は、病院スタッフに通知する
  • 現在異なる医療システム間のデータ交換を許可する
  • データ入力を自動化することで、エラーを大幅に削減し、二重入力を回避することができます
Access health data in an entirely new way, leverage conversational intelligence and rich patient understanding.

ニュースレター登録