チャットボット:混乱しやすいIoTを 整理する

IoT、いわゆるモノのインターネットは、インターネットで制御できる相互接続されたすべてのデバイスの総称です。IoTデバイスは、携帯電話やスマートウォッチから、接続された車両、さらには家の全体や電力網にまで及んでいます。

IoT技術は本当に限界がないようですが、現在のトレンドにはいくつかの重要制限要素があります。 特に、操作管理、セキュリティ維持及びデータ分析です。

これらの問題の解決策は、チャットボットにあります。名前をよそに、人工知能のボットは、多くの人が思うより役に立ちます。

チャットボット:混乱しやすいIoTを 整理する

IoT、いわゆるモノのインターネットは、インターネットで制御できる相互接続されたすべてのデバイスの総称です。IoTデバイスは、携帯電話やスマートウォッチから、接続された車両、さらには家の全体や電力網にまで及んでいます。

IoT技術は本当に限界がないようですが、現在のトレンドにはいくつかの重要制限要素があります。 特に、操作管理、セキュリティ維持及びデータ分析です。

IoTデバイスの管理

IoTデバイスが個人、企業および政府部門の様々な領域に広がっているため、数多くのデバイスを管理及び操作することが難しくなるでしょう。新しいシステムとインターフェイスを学習する必要があることは、人々に不満を募り、アプリへの熱意を低下させています。

一方、チャットボットは、意味のある会話を通して消費者の問い合わせに対応するようにプログラムされています。同時に、アプリやウェブサイトに任されるはずのタスクを自動化することができます。

例えば、接続されたスマート ホームに帰宅する前に電灯をつけたい場合、お好みのプラットフォームで単に人間の言語でテクストメッセージを送ります: 「居間の電灯をつける」。AI機能で以って、本当にこれほど簡単なのです!

IoTの保持 Security

IOTの飛躍的な発展に伴い、セキュリティへの懸念も高まっています。SnatchBotのようなボット開発プラットフォームは、ユーザー認証及び安全な通信を含むすべての規制に準拠した企業レベルのセキュリティを提供しています。私たちはプライベート、安全、セキュリティの対策を提供することに力を尽くしています。SnatchBotが世界一流のブランドですでに使用されているように、ユーザーが安心してご利用いただけます。

download brochure download brochure パンフレット

リアルタイム分析

SnatchBotプラットフォームでは、提供されたリアルタイムの分析ツールでボットのライフサイクルを追跡し、ユーザーに対する洞察を得ることができます。これらの深層学習分析は、予測型適応デバイスを作成するIoT開発者を支援しています。徐々にユーザーの好みやニーズを「学習」する能力があります。

マルチチャネル統合

SnatchBotプラットフォームでは、1回だけクリックすることでボットをほぼすべてのチャンネルに配置できることから、チャンネルを問わず消費者のいる場所にチャットボットが現われます。次のようにいくつかの例があります。

  • ウェブサイト
  • Eメール
  • SMS
  • API(Twitter、GoogleカレンダーまたはTrelloなど)
  • メッセージングプラットフォーム(Facebook Messenger(フェイスブックメッセンジャー)、Skype、Viber(バイバー)、SnatchAppなど)
clouds Man

IOTにおいてボット及びAIを活用する

さらに、弊社のボット開発プラットフォームは、今日の市場で唯一のチャットチャンネル間で同期ができるものです。即ち、ユーザーはSMSで会話を開始し、ウェブサイトでそれを続け、中断することなく最後にViberまたはSlackで終了することができます。

AI及びIoTを統合することによって、消費者は、相互接続されたデバイスの簡素化及び安心感を期待することができます。ボットを採用した開発者は、コストパフォーマンス及び開発サイクルの短縮を実感した後、アプリやウェブサイトより勝るものだと思っているようです。利用開始の詳細については、今日SnatchBotのボット開発プラットフォームへお越しください。

ニュースレター登録